クラブ・アトレチコ・A・S
CAAS : Club Atletico A S アラフォー男子のスポーツライフを綴ったブログです。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Futsal@matsumoto
IMG_3534.jpg

ひさびさに松本のフットサル参加。

最近畑仕事やいろいろが密だったので、ちょっと気分変えたかった所はありました。
他の用事も入りそうだったんですが、実家による用事と開催日のタイミングがあったので
出ない理由はない。

メンバーは徐々に集まりだし、隣の別チームも合わさって3チームでゲームを回す。
隣のチームは若い本格的な連中なのでガチの対戦!
結構走らないと行けないのできついですがガチの戦いもまたよろし(笑)

いつものみんなもフットサル満喫感大!

リフレッシュできましたね。




あぶないニッポン
W杯予選、ヨルダンに敗れる・・。
これがW杯予選アウェイ!という試合展開。
技術的にはやはり日本、しかしヨルダンも自国民の前で
惨敗するわけにはいかないので必死。

後半の二失点目、久しぶりに「あぶないニッポン」のセリフを聴いた気がする。

~~そうあれは86メキシコ予選の頃の代表、あの頃のニッポンは常にあぶなかった。
元NHKアナの山本浩氏の甲高い声で
「あぶないニッポーン」と相手の波状攻撃の前に2~3分おきにあぶなかった。

90年代のドーハ、後半のフランス予選の頃までアジアの戦いでは常にあぶなかった。
韓国も、中東諸国もいやなゴールチャンスを作ってくる。
半ば強引に、ゴリゴリと・・。あれは脅威である。

フランス予選より加わった中央アジアの諸国のアウェイ戦もいやらしかった。
カザフスタンのカンバラリエフの先制ロングシュート、
ウズベキスタンのズバレフの同点ゴール、あのゴールで加茂監督は更迭された・・。

2000年代に入り、なんだか代表はあぶなくなくなった気もする。

やはり技術的に本当に上手くなった、と思う。
それゆえに、シュートが少ない気もする。
戦術的にあり得ないのだろうか、時に遠目から打ってほしいと思う時もある。
もちろん浮かさず枠に、しかも隅を狙ってというのは当然だが。
シュートはボクシングのパンチ、ディフェンスには徐々に効いてくると思っている。

まあそれでも、6月のホームオーストラリア戦に期待しよう。















山雅クラブ
松本山雅FCがまずまずのスタートを切っている。

山雅の名を知ったのは高校時代。
松本山雅の前身、山雅クラブの監督に我が高校のサッカー部がコーチを
うけるようになってからだ。

周囲の高校の監督の数名が山雅クラブの選手もしていた。
確か北信越リーグで戦う唯一の長野県チームだった、と思う。

コーチを受け始める前はやや同好会的な雰囲気があったが、
それからは走り込み等も増えてきつかったがひ弱だった自分も
徐々に一試合走りきれる走力がついてきて、試合にもでられるようになった。

気がつくと、県内でも上位に入れるようになっていた。
そしてその頃から山雅クラブによく胸を借り練習試合をするようになった。

~~数十年後、アルウィンにて当時のコーチM氏と会う機会があった。
JFLに昇格しようとする頃だったであろうか、チームの代表として
入り口ゲート近辺にいらっしゃった。

当時グラウンドではよく怒鳴られたが、その頃の貫禄がそのまま。
声をかけるとしっかり握手をしてくれた・・。

いまはチーム成長とともにフロントからは退いたのかもしれない。

しかし当時なかなかなかった強豪他県のチームとの試合やフェスティバルを
経験させてくれ僕らも少しずつ成長していった。

でもやっぱり、国立に行きたかったな~。今更ながら(笑)

松本山雅には、ぜひJ1昇格を実現してほしい、いやきっと行けるであろう。

IMG_3513.jpg
Fujimi de Futsal #2
久しぶりに富士見のフットサルに参加。

松本のチームより年代が若いのでみんな走る(汗)
結構きついです(笑)

IMG_3452.jpg

マンU香川のハットトリックでイメージ上げてましたが
そう簡単にいくものではありません(笑)

いい汗かけたし、楽しめました。
Futsal Matsumoto & Spa
5日、松本のなじみの仲間たちと初蹴りでした。

IMG_3358.jpg

初ゴールは、自分が決めさせていただきました!
左サイドからのパスを中央でフリーで受け、ちょっとトラップ浮いたけど
落ち際をハーフバウンドで左足インサイドでとらえGoal!

その他ゲームでもう2点決めましたが全部左足でクロスに合わせたもの。
割と動け、パス他パフォーマンスはまずまずでしたが
右足は枠をとらえきれず不発でした。

極寒(-20℃・・うそ)の中でしたが、盛り上がりました、楽しかった!

自分らのレベルのゲームでも、ボールタッチ、コントロール、局面局面での判断の
善し悪しで得点できるかどうかにかかってきます。

やっぱり自分たちのレベルの中で、よりいいプレーをしたい気持ちはみな同じなのです。
だから楽しいのかな!

その後恒例のスーパー銭湯。
体組成計の計測も。

        (前回値)
BMI     23.5 (23.2) 普通体重
体重    63.2 (62.3)
体脂肪量  11.4 (12.2kg)
内臓脂肪指数 75 (75)
筋肉量   21.8 (21.0kg) 
(腕)   3.0kg(2.9kg)
(足)   9.8 (9.4kg)
-----------------
体脂肪率  18.1 (19.6%)
筋肉率   34.5 (33.7%)
基礎代謝量 1409 (1389kcal)
骨量    2.3kg (2.3kg)
水分量  37.9 (36.7)
-----------------
判定  
標準体重 +4.0kg (+3.1kg)
BMI  普通
体脂肪率   非肥満
内臓脂肪指数 非肥満

前回より体重は増えましたが、体脂肪量は落ちている。
いい傾向です。腕使う仕事が多かったし、マラソンに向けて
走ることも多かったので。

ただ意図的なウェイト・トレーニングは皆無なので、
その辺をもうちょっと増やしていきます、2013は・・。

スーパー銭湯ごときの体組成系でも、データを取って
グラフで比較してみると色々見えてきます。

・昨年の1月の体重の増加は体脂肪が増えたことによるもの。
・昨年の夏は筋肉量が減り体重も減るが、体脂肪は増えている。
・今年の1月の体重の増加は筋肉量の増加によるもの。
などなど。

仕事の量、食事、トレーニングの有無などおおよそ日々の生活の
傾向の記憶とリンクしたので、どういう生活を送ることが理想なのか
見えてきました。

2013年は仕事の質(パフォーマンス)を上げるうえでも、
食事管理とエクササイズが大切なことが明白なので、
ターゲットを決めて、仕事の繁茂期をも考慮し、
やりたいスポーツもかんがみて、エクササイズをプランニングします。

ウェイトすると、筋肉量が増え体重が増加するので体重にはターゲットを置かず、
体脂肪率を17%以下、を当面の目標とします。

次の測定は、3月中旬以降とします。


以下、データグラフ。

体重

体脂肪率

体脂肪量

筋肉量


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。