クラブ・アトレチコ・A・S
CAAS : Club Atletico A S アラフォー男子のスポーツライフを綴ったブログです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上村愛子選手とCANADA TEAM
全日本優勝で、
フリースタイルスキーモーグルの上村愛子選手引退。
本当にお疲れ様でした、と伝えたいです。

そもそも自分がモーグル競技を始めた頃に出てきた
愛子選手はまだほっぺたが赤い中学生でした。
でもアルペン上がりの上手なスキー操作ですぐに国内公認大会でも
上位に入るようになり、すぐにナショナルチームに入りました。

女子モーグルスキーヤーは男子のようにみんなが直線的なカービングターンを
するのではなく、(例は古い選手も多いですが・・)
1.男子のような直線的なカービングターン・・リズ・マッキンタイラー(USA)ジェニファー・ハイル(CAN)
2.丸い弧のカービングターン・・ドナ・ワインブレヒト(USA)カリ・トラ(NOR)上村愛子(JPN)
3.若干スライドターンを使う・・マルガリータ・マーブラー(AUT)デュフォー・ラポイント姉妹(CAN)
の3系統くらいあると自分は見ていますが、※例外キャンディス・ジルク(FRA)
上記のように愛子選手はアルペンから来た切れの良い
丸い弧のカービングターンをする選手であったと思っています。

長野五輪の頃はそれがよく分かります、ただし北野建設入社後フィジカルトレーニングを重ね、
徐々に直線的なターンになっていった気がしています。
トリノ五輪前くらいのW杯の映像を見て「随分直線的になってきたな、きっと相当フィジカルトレーニング
をしてきているに違いない」と感じていました。

今回は附田元選手がTVの解説で、ターンジャッジのトレンドが変わった云々と解説していましたが、
自分もターンの質としては上村選手のターンはそれほど高いものではないと見ていました。

ソチの映像を見ても、解説者は「この切れの良いカービングターンが持ち味です!!」と実況してましたが、
結構2ndエア前などカービングせずにコブに当てて、かかとで無理やりスキーを廻しているのが
自分には見てとれました。

但し、攻めた、攻撃的な、自分のすべてを出し切ったベストパフォーマンスであったことは否定しません。
大会中はある種の覚悟とともに、本当に集中して、ファイナルまで残っただけでもすごかったし、
決勝では誰よりも一番攻めたと思います。
エアもきっちり入り、いいパフォーマンスであったことは間違いないです。
それに、前回ブログで指摘した右手、右半身の遅れが今大会は目だって出ていませんでした。

しかし逆にいえば、ターンの質を落としても攻めるしかなかった・・ともいえると思います。
おそらく、予選のデュフォーラポイント姉妹と自分のターンのスコアを見ていたことでしょう。
いや、むしろワールドカップツアーの頃から、デュフォーラポイント姉妹とのスコアの差を感じ、
ターンスコアを出すためにあれこれ策を練るよりも、
とにかくソチでは一貫して攻めると覚悟して臨んでいたのではないでしょうか。

自分はこの心情はリレハンメルの男子モーグル、エドガーグロスピロン(FRA)の心情と同じではないかと思いました。
あのときもタイムは遅いものの圧倒的なスノーコンタクトでターンで高得点を出していた
ジャン-リュック・ブラッサール(CAN)に対抗するため、エドガーはファイナルでとにかく攻めた・・。
しかし、攻めるしかなかったのです。
何せタイムは遅いもののジャンリュックがターンで5点満点をたたき出してしまうのですから。
あのシーンをなんとなく上村選手とCANADAのデュフォーラポイント姉妹との勝負に重ね合わせてしまいました。
ま、そこに女王ハンナ・カーニー(USA)も絡んでいたわけですが・・。

自分が現役の頃、複数名の北米のコーチにモーグルターンを教わる機会があり、
その時にモーグルコンペティション向けのモーグル技術に関して、かなり自分の中で
理想の滑りの明確な基準が確立されて、自身でもそこに向けてトレーニングを繰り返しましたし、
人の滑りを見るうえでも、明確な基準で何がどうなのか明確にわかるようになりました。

そういう意味で、今回の、いやここ数年のカナダチームは男子女子ともに自分の理想としている
モーグルスキーをしていると思っています。

しっかりした外脚荷重、ストックワーク・上体と連動した荷重移動、早いタイミングでのスノーコンタクト等。
コーチであったマークアンドレ・モロー(CAN)も現役時代はっきりと打ち出していたムーブ・・。

IMG_3941.jpg

今回も男女ともにモーグルはカナダチームが金メダル、バンクーバーでは男子ゴールド、女子シルバー。
トリノでは女子ゴールドとここのところカナダチームの強さが際立つ。

他のチームに比べて、ターン技術に明確な方向性があるのは、今はカナダだけのような気がします。
元々エアリアルも強い土地柄だからなのか、男子はエアも高度化していて圧巻です。

ヨーロッパのチームも全く精彩を欠いています。
アメリカも、今一つ元気がない気が・・

そう考えると、上村選手の引退で、日本のモーグル界がどこへ今後向かうのか、
男子は遠藤選手が伸びているけど、女子は・・。ターン技術は今一つ目指す方向がはっきりしないジャパンチーム・・。
新たなスターは出てくるのか?若干の心配がありながら、北米列強にくらいついていってほしいと思っています。








スポンサーサイト
aiko UEMURA
夕食前ちょっとランニングしてきました。
今週はワークアウトの時間取らなかったため週の最後、せめて走ろう・・と。
外は寒いですが着込んで走ればすぐに汗が。
お気に入りの音楽をiPODで聴きながら冬の星空の下のランニングは
悪くない時間です。

今日の昼食時にふとTVをつけるとアスリートの魂という番組やってました。
本日のアスリートは上村愛子選手。フリースタイル・モーグルです。

そもそも自分は20代前半から30代中盤までモーグル競技に励んでいました。
上村選手は若いころからわりと身近に滑りを見たりしました。
そしてオリンピックシーズンは、自分が出るわけではないですが(当たり前)
やはり非常に各選手のパフォーマンスが気になるところでした。

今日の番組もご飯食べながらついしっかり見てしまいましたが、
丁度アップで写された上村選手の滑りに気になる点が・・。
右ターンがちょっとホップ(浮く)してます、時折。
実はバンクーバーオリンピックのファイナル本番の滑りのミドルセクションでも
2~3の右ターンでスキーがホップしていて、自分では「う~ん・・」と
腕を組んでしまうほど印象に残るシーンであった覚えがあります。
モーグル競技のターンはスノーコンタクトがターンジャッジの中で重視されており
跳ねるようにスキーが浮いたターンは減点の対象あるいは全体の印象を落とす可能性があります。

今日の映像でも時に右ターンが浮く、つまりはトップエッジのとらえが一瞬遅れているのがよく分かり、
自分が感じていた数年前からの上村選手の「くせ」のようなものが出ている気がしました。
以前から右ターンの時にダブルストック気味だなと思って気にはなっていたのですが
今日の映像だと明らかに通常は突かなくてよい右ストックが雪に接しているのがはっきり写っていました。
ダブルストックは以前のルールでは減点対象だったのですが今のルールではどうなんだろう。

でもアップ映像で見るから突いているのが分かるのであり、ジャッジスタンド、あるいは現場では
突いているかどうかがわからないような微妙な右手の位置です。
突いている確信はあると思うんだけどジャッジには分からないと踏んでいるのかな。

まあもしジャッジには大勢ないとしても、テクニック的に問題はあると思います、
あくまで自分個人の感想ですが。
右足ターンのとらえが遅い原因の一つとして上村選手の上体右半身、右手の位置が
若干後ろに引けている点があります。

そのため右スキーのターンの始動が遅れ、スキーがホップ(浮く)、それをリカバーするために
右手ストックを補助的に突かないとバランスが保てない、という状態に陥っていると思います。

自分も現役時代左ターンのとらえが遅く、それを直すために左上体の遅れを
左手の位置を修正することにより左ターンのとらえを速くするトレーニングをしてました。

USチーム、例えば前回金メダリストでソチのライバルでもあるハンナ・カーニーは
上体のブロックが非常に上手く、常にフォールライン(落下方向)に上体の肩のラインが正対しています。
しかもストックを突くポイントがかなり前(コブのバックサイド)なのでスムースにコブを乗り越えていきます。
ストックと、エッジングのタイミングが合っています。
上村選手は突くポイントも若干後ろなのでコブの衝撃を上体が受け気味で
バランスを崩す要素が増します。先程のような小さい癖がクローズアップされてきます。

だだ、今日の映像でも、間隔の大きなコブの映像ではスムースなストックワークとターンが出来ており
全てで悪い癖が出ているわけではないことも分かりました。

つまり、先程のバンクーバーの例もあるように、ミドルセクションの間隔の細かく深い(かつおそらく硬い)
コブにおいて右上体の遅れの癖が出てきてしまうと自分は見ています。
応急措置としては右手の位置を前にすること遅れないようにすることだけで改善されると思います。

とはいえ今のターンでもW杯で2位にはいっていますから、ジャッジには評価されていると思います。
ただ、今の状態ではハンナ以上のターンポイントは出るかな?難しいのでは・・。
まあモーグルはターンポイントだけでなく、エア・タイムのポイントもあるので、それらのトータルで
上回ればいいのでターンの細かい点をあれこれ必要以上に気にする事もないとは思います。

今回も、ハンナ・カーニーがゴールド有力でしょう、W杯でも調子良いし。
上村選手は、ベストの滑りが出来れば、銀か銅は固いのでは、と自分は踏んでいます。
ベストの滑りが出来ないと、3位内は厳しいとみています。
しかし上村選手がベストを越えた滑りが出来れば、ハンナにプレッシャーをかけることが出来ます。
それでハンナにミスが出れば、ゴールドの目も出てくると思う。
なので予選は2~4位くらいで通過して(ハンナは1位でよい・・笑)ハンナの前に
良い滑りをガツンとかましたい。

過去のオリンピックモーグルのゴールドメダリストは男女問わずいわゆるゾーンの状態、
まさにピークパフォーマンスの状態であったと思います。
いわゆるちょっといっちゃっている感じ、不安のかけらも持っていない、非常に集中した状態で
あったと思います。上村選手は過去のオリンピックでも何処か不安がよぎっている感じがします。

ぜひ、スタートの立ったら過去の成績とか今季の不調時とか周囲とかいろんなものは全て忘れて
自分のスキルにとことん集中してベストを越えた最高の一本を成し遂げてほしいですね。

やっぱりここまできたら、色はどうあれメダルをゲットしてほしい。
長野オリンピックの里谷選手のように、自分を号泣させて(笑)ほしいですね、ぜひ。

こんな時代もありました・・
KC3V0165.jpg






























富士見パノラマ
午後から富士見パノラマに滑りに行きました。

今シーズン初

3連休の午後、そろそろ都会に人が帰り始める頃
駐車場にもよい場所に空きが出るので狙い目です。
完全に地元の人間の行動!

そして以前このスキー場で働いていた頃、
山頂駅での仕事を終え下山する時にゴンドラから
コースを見ると最後の斜面が浅い天然コブ斜面になっていて
「面白そうだな~」と感じてました。
朝一のフラットバーンも当然いいですけど、
午後のちょっと荒れ気味の斜面も、味わいがありますからね。

そういうバーンコンディションも狙っての出発。
ちなみに家から10分で着きます。裏山的な感じ・・。

IMG_0048.jpg
しかし、寒気が入っているのでバーンが硬い。
なので狙った斜面は予想ほどのコブにはなってませんでした。

とはいえ久しぶりのロングコース、楽しみました。

IMG_0049.jpg
久しぶりなのでどうしても力に頼ってしまう。
なので結構すぐに息が上がる、体力もやはり落ちているのは否めない。

IMG_0050.jpg
しかしこう見ると山梨側は明らかに雪が少ない。暖かそう。

眺めの良さもこのスキー場の良さ。
今日は八ヶ岳は雲がかかってましたが・・。

ゴンドラ4~5本ほど滑ったでしょうか、最後の一本と決めた後
ようやくいいポジションに乗れてきました。

しかしビニールハウス閉めるためその辺で上がる。怪我する前に終えたいしね。

久しぶりのスキー、リフレッシュできました。






初スキー
シーズン半ばですが今季初滑り。

IMG_0046f_20130201223135.jpg

富士見高原のナイター。パノラマのナイター斜面より斜度があり、
トレーニングには好適。

トレーニングってスキーじゃないの?
フラットの一枚バーンを見るとついモーグルスキーの為のフラットトレーニングを
自動的に始めようとする自分、これは習性です。
モーグルスキーが上手くなるためにはフラットバーンのショートターンを磨きあげることが必須。
一体今までどれくらいのターンを刻んだことだろう・・・。


とはいえ今日は野菜作りで新規就農した友人と一緒に滑りました。
冬場はスキー場でインストラクターしているという友人。

あれこれ話しながら滑る久しぶりスキーはなんだかんだ言って楽しい2時間でしたね!








ふじパラナイター
勤務先の富士見パノラマのナイターは
本日が最終日。

仕事後に行って滑ってきました。
そこで知り合いのイントラがいたので
一緒に滑りました。

彼は以前はモーグルもかじったようなのですが、
今は基礎オンリー。

最新の基礎スキーの滑りを教えてもらいました。
仕事中レッスンを見ていると、不思議な滑りを
教えているのが気になっていたのですが、その
内容が分かり楽しい時間になりました。

カービングスキーになってから随分常識が
変わっている感じ。

ついラストの時間近くまで滑ってしまいました。

110305_2123~01
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。