クラブ・アトレチコ・A・S
CAAS : Club Atletico A S アラフォー男子のスポーツライフを綴ったブログです。
201005<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BRAZIL 2014 ②
アルゼンチンvsオランダ戦録画放送見ながら
思いつくままにキーボードを打つ。

ベスト4の各チームブラジル、アルゼンチン、ドイツ、オランダは
過去のワールドカップで好ゲームを演じてきたチームである。
ある意味非常に順当な勝ち上がり結果とも思う。

しかし、ブラジルの大敗はショッキングだった。
朝、仕事場のラジオでクロノスの中西哲生のブラジル大敗のコメントを
聞いて耳を疑った。が、すぐになんとなくブラジルらしい気もした。

自分が知る中の過去のワールドカップでも
1.82スペイン大会・・ジーコ中心の黄金のカルテットを擁し優勝候補だったが、
             決勝リーグイタリアFWパオロ・ロッシにハットトリックを許し撃沈。
2.90イタリア大会・・ドゥンガを中心としたディフェンシブなチームで「歌を忘れたカナリア」と言われつつも
             予選リーグは横綱相撲、しかし決勝トーナメントで調子いいとは言えないアルゼンチン
             マラドーナ一人にDFがパ二くりマラドーナ一発のパスをカニーヒアに決められ撃沈。
3.98フランス大会・・決勝フランス戦直前に怪物ロナウドの腹痛にチームがパ二くりフランスに敗退。

まあその間にも94年アメリカ大会、02年日韓大会で優勝しているところはさすがであるが。
案外本大会でディフェンスがもろさを見せることが多い。今回もネイマールの負傷、チアゴシウバの累積警告が
メンバーのメンタルに大きな影響を与えていたことは確実でしょう。

でもそもそもブラジル人はディフェンスが嫌いなのでは?
以前スカパーに入っていた時にブラジルの全国選手権(国内リーグ)を見ていたが、
とにかくディフェンスがゆるゆる・・。

同時期、高原がアルゼンチンのボカ在籍時にアルゼンチンリーグを見たが国内リーグも
ディフェンスがガチガチに強く高原大変だなぁと思っていたことを思い出す。
だいたいアルゼンチンの守備陣には無名だが職人肌の仕事人がいつも並ぶ。
そこにマラドーナとかオルテガ、メッシのような小柄でテクニシャンのエースアタッカーが攻撃を引っ張る。

両チームとも案外昔から変わっていないな。

オランダvsアルゼンチンも好試合がある。98フランス大会、ベストエイトで激突。
オルテガ、バティストゥータが攻撃を引っ張るアルゼンチン、オランダFWベルカンプの美しいトラップからの
上手いアウトサイドのシュートに沈んだ。アルゼンチンを応援してたが、オランダのサッカーも美しかったなぁ。

そして決勝カードはドイツvsアルゼンチン。
因縁の対決である。
1.86メキシコ大会・・マラドーナ全盛。決勝対決3-2でアルゼンチン優勝。
2.90イタリア大会・・2大会連続決勝同カード、アルゼンチンvsドイツ(当時は西ドイツ)
             メキシコ人レフェリー、コデサル・メンデスの?なPK判定で西ドイツ先制、
             そのまま1-0で西ドイツ優勝。
             余談だが、今大会開幕戦主審西村さんのPK判定と上記のコデサル主審のPK判定が重なった。
             何らかの圧力がかかっていたのでは???
             不調のアルゼンチンも決勝まで行ったが、大会ではマラドーナが完全にヒール(悪役)であった。

3.06ドイツ大会・・ベストエイトで激突。この時面白かったのは、大会中アルゼンチンのゲームはいつもスタンドで
            マラドーナが観戦していてオーロラヴィジョンに移されると「ディエゴ」コールが沸き起こりスタンド騒然。            するとピッチのアルゼンチンは力を得た。
            で、ドイツ戦、カメラが場内のマラドーナを一切映さなかったのである。これには笑った。
            結果PKでドイツ勝利。

そして今大会、どちらかというとドイツ好調、しかしメッシも好調だしオランダにきわどく勝って勢いづくアルゼンチン。
楽しみであるが当然自分はアルゼンチンを応援。 

はたしてメッシは彼の領域にたどり着くことができるか?(マイライブラリより)
IMG_4055.jpg

IMG_4058.jpg

IMG_4054.jpg












スポンサーサイト
BRAZIL 2014 ①
2014ブラジルワールドカップ。日本代表、残念ながら予選敗退。
現段階で感じたことを綴ってみます。

いいチームとも思っていたが、以外に何もできずに終わった感じ。
そう考えると、南アフリカ大会時の日本代表は強かったなあと感じます。

しかしイングランドもイタリアも、あのスペインすら予選敗退、本大会は厳しいのです。
対して中南米のチームの好調さが目立つ。
まあ南米の大会は南米チームに有利で、欧州の大会は欧州チームに有利
というのが今までの定石ですが。

攻撃的な自分達のサッカーをする、と意気込んだ日本代表、でも実はその日本のサッカーは
案外世界の相手には組みやすいのではないかとも思います。

試合の間、日本は常に勤勉に攻撃を仕掛ける・・。しかし常に一本調子な気もします。
常に勤勉に攻撃的にプレーしていると相手に耐えしのばれるとつらい。

コートジボワール戦はそれが出た。日本は先制したものの、相手はおそらく後半勝負に
出ていました。日本が攻めあぐね、やや疲れが出始めた時間にエース・ドログバ登場。
これは案外きつかったと思います、フィジカル的にもメンタル的にも。
それが試合後長谷部キャプテンに「僕らはまだ未熟」とまで言わしめさせてしまったのでは。
そして勝負のコロンビア戦も、後半からエース格が登場して、3点を奪っていきました。

海外の強豪は、試合中受けた時間、相手に攻めさせる時間を上手く使ってくる気がします。
日本は受けたサッカー、リアクションサッカーというのでしょうか、それができないもしくは下手。
攻められるのは悪であるかのように。
だいたい本番前のテストマッチ他から日本の攻撃スタイルはわかるし、
おそらく本番のゲームに入っても、情報通りの攻めをしてくるから相手は組みやすいのではないでしょうか。
極端な例ですが攻撃的な日本が、攻めてこなかったらかえって相手のゲームプランが狂うのでは?

常に攻撃的にハードワークしているとやはりどこかで疲れが来る。
体力を温存し、相手の攻撃を受ける時間をつくりつつ、行く時は行く。
強豪はチームとしてその辺がすごくうまい気がします。

よく外国人の監督が就任後、日本人の勤勉さは素晴らしいと称賛しますがどうなんでしょう?
勤勉な国民性とは程遠いラテン系の国に魅惑的で、ずるくて憎らしいほどうまいサッカーを
展開する国が多いのはなんでだろう?
熱いときにはとことん熱いラテン系、そんな国々が集う決勝トーナメントは楽しみでもありますが。

日本人のメンタリティーは、ワールドサッカーには向いていないのではないだろうか?
ピッチの上で、日本人の生き方が問われている気もします(大げさか)

付録(?)

オシム元日本代表の番組を見ていたら、マイライブラリの旧ユーゴの試合が見たくなりました。
当時、ユーゴスラビアの監督はオシムでしたし、ピクシーは最高のパフォーマンスを見せました。
IMG_4051.jpg




















上村愛子選手とCANADA TEAM
全日本優勝で、
フリースタイルスキーモーグルの上村愛子選手引退。
本当にお疲れ様でした、と伝えたいです。

そもそも自分がモーグル競技を始めた頃に出てきた
愛子選手はまだほっぺたが赤い中学生でした。
でもアルペン上がりの上手なスキー操作ですぐに国内公認大会でも
上位に入るようになり、すぐにナショナルチームに入りました。

女子モーグルスキーヤーは男子のようにみんなが直線的なカービングターンを
するのではなく、(例は古い選手も多いですが・・)
1.男子のような直線的なカービングターン・・リズ・マッキンタイラー(USA)ジェニファー・ハイル(CAN)
2.丸い弧のカービングターン・・ドナ・ワインブレヒト(USA)カリ・トラ(NOR)上村愛子(JPN)
3.若干スライドターンを使う・・マルガリータ・マーブラー(AUT)デュフォー・ラポイント姉妹(CAN)
の3系統くらいあると自分は見ていますが、※例外キャンディス・ジルク(FRA)
上記のように愛子選手はアルペンから来た切れの良い
丸い弧のカービングターンをする選手であったと思っています。

長野五輪の頃はそれがよく分かります、ただし北野建設入社後フィジカルトレーニングを重ね、
徐々に直線的なターンになっていった気がしています。
トリノ五輪前くらいのW杯の映像を見て「随分直線的になってきたな、きっと相当フィジカルトレーニング
をしてきているに違いない」と感じていました。

今回は附田元選手がTVの解説で、ターンジャッジのトレンドが変わった云々と解説していましたが、
自分もターンの質としては上村選手のターンはそれほど高いものではないと見ていました。

ソチの映像を見ても、解説者は「この切れの良いカービングターンが持ち味です!!」と実況してましたが、
結構2ndエア前などカービングせずにコブに当てて、かかとで無理やりスキーを廻しているのが
自分には見てとれました。

但し、攻めた、攻撃的な、自分のすべてを出し切ったベストパフォーマンスであったことは否定しません。
大会中はある種の覚悟とともに、本当に集中して、ファイナルまで残っただけでもすごかったし、
決勝では誰よりも一番攻めたと思います。
エアもきっちり入り、いいパフォーマンスであったことは間違いないです。
それに、前回ブログで指摘した右手、右半身の遅れが今大会は目だって出ていませんでした。

しかし逆にいえば、ターンの質を落としても攻めるしかなかった・・ともいえると思います。
おそらく、予選のデュフォーラポイント姉妹と自分のターンのスコアを見ていたことでしょう。
いや、むしろワールドカップツアーの頃から、デュフォーラポイント姉妹とのスコアの差を感じ、
ターンスコアを出すためにあれこれ策を練るよりも、
とにかくソチでは一貫して攻めると覚悟して臨んでいたのではないでしょうか。

自分はこの心情はリレハンメルの男子モーグル、エドガーグロスピロン(FRA)の心情と同じではないかと思いました。
あのときもタイムは遅いものの圧倒的なスノーコンタクトでターンで高得点を出していた
ジャン-リュック・ブラッサール(CAN)に対抗するため、エドガーはファイナルでとにかく攻めた・・。
しかし、攻めるしかなかったのです。
何せタイムは遅いもののジャンリュックがターンで5点満点をたたき出してしまうのですから。
あのシーンをなんとなく上村選手とCANADAのデュフォーラポイント姉妹との勝負に重ね合わせてしまいました。
ま、そこに女王ハンナ・カーニー(USA)も絡んでいたわけですが・・。

自分が現役の頃、複数名の北米のコーチにモーグルターンを教わる機会があり、
その時にモーグルコンペティション向けのモーグル技術に関して、かなり自分の中で
理想の滑りの明確な基準が確立されて、自身でもそこに向けてトレーニングを繰り返しましたし、
人の滑りを見るうえでも、明確な基準で何がどうなのか明確にわかるようになりました。

そういう意味で、今回の、いやここ数年のカナダチームは男子女子ともに自分の理想としている
モーグルスキーをしていると思っています。

しっかりした外脚荷重、ストックワーク・上体と連動した荷重移動、早いタイミングでのスノーコンタクト等。
コーチであったマークアンドレ・モロー(CAN)も現役時代はっきりと打ち出していたムーブ・・。

IMG_3941.jpg

今回も男女ともにモーグルはカナダチームが金メダル、バンクーバーでは男子ゴールド、女子シルバー。
トリノでは女子ゴールドとここのところカナダチームの強さが際立つ。

他のチームに比べて、ターン技術に明確な方向性があるのは、今はカナダだけのような気がします。
元々エアリアルも強い土地柄だからなのか、男子はエアも高度化していて圧巻です。

ヨーロッパのチームも全く精彩を欠いています。
アメリカも、今一つ元気がない気が・・

そう考えると、上村選手の引退で、日本のモーグル界がどこへ今後向かうのか、
男子は遠藤選手が伸びているけど、女子は・・。ターン技術は今一つ目指す方向がはっきりしないジャパンチーム・・。
新たなスターは出てくるのか?若干の心配がありながら、北米列強にくらいついていってほしいと思っています。








aiko UEMURA
夕食前ちょっとランニングしてきました。
今週はワークアウトの時間取らなかったため週の最後、せめて走ろう・・と。
外は寒いですが着込んで走ればすぐに汗が。
お気に入りの音楽をiPODで聴きながら冬の星空の下のランニングは
悪くない時間です。

今日の昼食時にふとTVをつけるとアスリートの魂という番組やってました。
本日のアスリートは上村愛子選手。フリースタイル・モーグルです。

そもそも自分は20代前半から30代中盤までモーグル競技に励んでいました。
上村選手は若いころからわりと身近に滑りを見たりしました。
そしてオリンピックシーズンは、自分が出るわけではないですが(当たり前)
やはり非常に各選手のパフォーマンスが気になるところでした。

今日の番組もご飯食べながらついしっかり見てしまいましたが、
丁度アップで写された上村選手の滑りに気になる点が・・。
右ターンがちょっとホップ(浮く)してます、時折。
実はバンクーバーオリンピックのファイナル本番の滑りのミドルセクションでも
2~3の右ターンでスキーがホップしていて、自分では「う~ん・・」と
腕を組んでしまうほど印象に残るシーンであった覚えがあります。
モーグル競技のターンはスノーコンタクトがターンジャッジの中で重視されており
跳ねるようにスキーが浮いたターンは減点の対象あるいは全体の印象を落とす可能性があります。

今日の映像でも時に右ターンが浮く、つまりはトップエッジのとらえが一瞬遅れているのがよく分かり、
自分が感じていた数年前からの上村選手の「くせ」のようなものが出ている気がしました。
以前から右ターンの時にダブルストック気味だなと思って気にはなっていたのですが
今日の映像だと明らかに通常は突かなくてよい右ストックが雪に接しているのがはっきり写っていました。
ダブルストックは以前のルールでは減点対象だったのですが今のルールではどうなんだろう。

でもアップ映像で見るから突いているのが分かるのであり、ジャッジスタンド、あるいは現場では
突いているかどうかがわからないような微妙な右手の位置です。
突いている確信はあると思うんだけどジャッジには分からないと踏んでいるのかな。

まあもしジャッジには大勢ないとしても、テクニック的に問題はあると思います、
あくまで自分個人の感想ですが。
右足ターンのとらえが遅い原因の一つとして上村選手の上体右半身、右手の位置が
若干後ろに引けている点があります。

そのため右スキーのターンの始動が遅れ、スキーがホップ(浮く)、それをリカバーするために
右手ストックを補助的に突かないとバランスが保てない、という状態に陥っていると思います。

自分も現役時代左ターンのとらえが遅く、それを直すために左上体の遅れを
左手の位置を修正することにより左ターンのとらえを速くするトレーニングをしてました。

USチーム、例えば前回金メダリストでソチのライバルでもあるハンナ・カーニーは
上体のブロックが非常に上手く、常にフォールライン(落下方向)に上体の肩のラインが正対しています。
しかもストックを突くポイントがかなり前(コブのバックサイド)なのでスムースにコブを乗り越えていきます。
ストックと、エッジングのタイミングが合っています。
上村選手は突くポイントも若干後ろなのでコブの衝撃を上体が受け気味で
バランスを崩す要素が増します。先程のような小さい癖がクローズアップされてきます。

だだ、今日の映像でも、間隔の大きなコブの映像ではスムースなストックワークとターンが出来ており
全てで悪い癖が出ているわけではないことも分かりました。

つまり、先程のバンクーバーの例もあるように、ミドルセクションの間隔の細かく深い(かつおそらく硬い)
コブにおいて右上体の遅れの癖が出てきてしまうと自分は見ています。
応急措置としては右手の位置を前にすること遅れないようにすることだけで改善されると思います。

とはいえ今のターンでもW杯で2位にはいっていますから、ジャッジには評価されていると思います。
ただ、今の状態ではハンナ以上のターンポイントは出るかな?難しいのでは・・。
まあモーグルはターンポイントだけでなく、エア・タイムのポイントもあるので、それらのトータルで
上回ればいいのでターンの細かい点をあれこれ必要以上に気にする事もないとは思います。

今回も、ハンナ・カーニーがゴールド有力でしょう、W杯でも調子良いし。
上村選手は、ベストの滑りが出来れば、銀か銅は固いのでは、と自分は踏んでいます。
ベストの滑りが出来ないと、3位内は厳しいとみています。
しかし上村選手がベストを越えた滑りが出来れば、ハンナにプレッシャーをかけることが出来ます。
それでハンナにミスが出れば、ゴールドの目も出てくると思う。
なので予選は2~4位くらいで通過して(ハンナは1位でよい・・笑)ハンナの前に
良い滑りをガツンとかましたい。

過去のオリンピックモーグルのゴールドメダリストは男女問わずいわゆるゾーンの状態、
まさにピークパフォーマンスの状態であったと思います。
いわゆるちょっといっちゃっている感じ、不安のかけらも持っていない、非常に集中した状態で
あったと思います。上村選手は過去のオリンピックでも何処か不安がよぎっている感じがします。

ぜひ、スタートの立ったら過去の成績とか今季の不調時とか周囲とかいろんなものは全て忘れて
自分のスキルにとことん集中してベストを越えた最高の一本を成し遂げてほしいですね。

やっぱりここまできたら、色はどうあれメダルをゲットしてほしい。
長野オリンピックの里谷選手のように、自分を号泣させて(笑)ほしいですね、ぜひ。

こんな時代もありました・・
KC3V0165.jpg






























・・・。
伊藤輝悦パルセイロ入りか、まあいいだろう。

グランセローズの大塚監督といい、松本山雅の田中隼磨といい、全盛期は過ぎたものの
トップレベルでの経験者が長野県スポーツ界に来ることは歓迎すべきことであろう。

現役を続けたい選手、現場にかかわりたいと願う引退選手にとっても地方のクラブは
受け皿となりうるし、選手クラブ双方の望みが一致すればこれに越したことは無い。
日本のスポーツ界も厚みが増してきている・・と思う。


さて、昨日だが本当2年ぶりくらいに茅野市体育館へ行く。

IMG_3889.jpg

もちろんジムでワークアウトするため。
一念発起、年間会員カードを更新することにした。

久々のウェイトトレーニングであったが思いのほか身体は動く。
以前はモーグルスキーのオフ&オントレーニングであったが今はアンチエイジングが主目的といったところか。

でも、筋肉と脳はつながっているので(当たり前!?)ウェイトで刺激を与えたら
バア~ッと当時の感覚がよみがえる感じがした。

FMの流れるとても洗練されているとは言い難い粗末なジムだが
超陽気な外国人二人組と、何屋かわからないけど(ボードか?)
シリアスにスポーツに打ち込んでいるであろう一人の若い娘のとなりで
バーベルを上げ下げしてきた。

明後日の筋肉の反応が気になる年頃です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。